2022年06月29日 NewsRelease

ヒットの巨大L字型広告ビジョン「OMOSANシンクロ」がリニューアル
話題の肉眼3D放映が、表参道交差点側から視認可能に

~アウディ初のコンパクト電動SUVが肉眼3D作品になって登場~

 

 2021年にサービス開始した「OMOSANシンクロ」をリニューアルし、2022年6月27日より正式稼働を開始いたしました。

 リニューアル第一弾として、アウディ ジャパン(東京都品川区、ブランド ディレクター:マティアス シェーパース)による1社独占で、アウディ初のコンパクト電動SUV、「Audi Q4 e-tron」の"肉眼3D"クリエイティブが放映開始しています(放映予定は7月3日(日)まで)。

 

表参道ヒットビジョン

「OMOSANシンクロ」について

 「OMOSANシンクロ」は、表参道交差点近くの2つのビルに設置された3段6面の大型ビジョンで、広告映像の放映タイミングを同期させたシンクロ放映を行うサービスです。放映面は、上段2面+中段3面+下段1面の6面合計で300㎡近い総面積を誇ります。目線の低さによる高い視認性を備えており、”肉眼3D”広告のみならず、通常の2D広告素材の放映を用いた場合でも、他に類を見ないインパクトのある広告展開が可能です。

「OMOSANシンクロ」のリニューアルについて

 ヒットでは、大型屋外ビジョンでの"肉眼3D"広告放映の研究を2019年にスタート。2021年7月には「シブハチヒットビジョン」および「ツタヤエビスバシヒットビジョン」にて第1弾の広告放映を実施しました。2021年には肉眼3D放映に適したL字型ビジョンを持つ「OMOSANシンクロ」を新設し、”肉眼3D”広告放映へ先進的に取り組んでまいりました。

 これらの取り組みを通して、ヒットでは”肉眼3D”クリエイティブ制作から実際の広告放映まで、ワンストップでサービス提供いたしております。初めてのL字型ビジョンでの”肉眼3D”広告放映でも、安心して取り組むことができます。また、一般的な広告ビジョンと同じく、放映素材の持ち込みにも対応しています。

”肉眼3D”広告放映とクリエイティブ制作について

 ヒットでは、大型屋外ビジョンでの"肉眼3D"広告放映の研究を2019年にスタート。2021年7月には「シブハチヒットビジョン」および「ツタヤエビスバシヒットビジョン」にて第1弾の広告放映を実施しました。2021年には肉眼3D放映に適したL字型ビジョンを持つ「OMOSANシンクロ」を新設し、”肉眼3D”広告放映へ先進的に取り組んでまいりました。

 これらの取り組みを通して、ヒットでは”肉眼3D”クリエイティブ制作から実際の広告放映まで、ワンストップでサービス提供いたしております。初めてのL字型ビジョンでの”肉眼3D”広告放映でも、安心して取り組むことができます。また、一般的な広告ビジョンと同じく、放映素材の持ち込みにも対応しています。

 

|  トップページへ  |

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Copyright ? 2014 HIT CO.,LTD. All rights reserved.